恐怖のOHSS。


20160320_023853000_iOS.jpg

採卵が終わって、しばらくは2日間は仕事も入っていなかったこともあり、ゆっくりと過ごしていました。
麻酔はもう抜けているはずなんだけど、眠気がずっとありました。
黄体期に入ったからなのかもしれません。

ところが。
2日目の夜、、眠かったのでソファで横になっていて、起き上がったところ、下腹部に鈍い痛みが。
歩くと振動が響いて痛い。
これがうわさのOHSSか!?と思いました。。
痛みと眠気でベッドで横になっていました。
いくらか痛みは和らいだものの、まだ痛い。
夜中ではあったものの、心配だったので、産院の方に電話で問い合わせてみました。
「OHSS」とは言われませんでしたが、明日クリニックに診察に来てくださいと言われました。

翌日、仕事が入っていたため、仕事先にも念のため連絡。
翌日の体調を見て考えましょう、ということに。
ありがたいです(;´・ω・)

次の日、起きるとまだ痛みがある。
お腹もちょっと張ってる。
仕事先に連絡して、今日は休んでくださいと言ってくれました。。
やさしい(>_<)迷惑かけてすみません。。

とりあえずクリニックに行きました。
予約を取れなかったので、当日枠で滑り込みました。

ところが、前日電話していたこともあって、急患として扱ってくれたみたいで、尿検査→内診→血液検査→診察、と、当日枠で受付した時間よりも早く回してくださいました。
よかった~~~(*´ω`)


内診してもらった結果、卵巣は6cm腫れていました。
センター長に診てもらったのですが、おなかをポンポン叩いてきました。
これ痛い?と聞いてきましたが、痛いです!!と即答。

診察では、卵巣が腫れていて、これはいたいですね~と。
抗生物質を処方しますので、これを飲みながら、ロキソニン(痛み止め)を飲んでおいてくださいと言われました。


その翌日にはいくらかよくなって、2日後にはだいぶおさまりました。
ただ、抗生物質のせいで、じんましんらしきものが手に出てきました。。
肝臓があまり強くないことが原因かもしれません。
薬のせい?と思ったのが飲み始めて3日目だったので、もうほとんど手の打ちようがないのでとりあえず飲みましたが、本来はクリニックに問い合わせなり診察なり行くべきでした。


今までの採卵はそれぞれ4個と3個だったので、まだ症状もそんなに強くは出なかったのかもしれませんが、
今回はたくさん刺激をして7個も採れたので、おそらくOHSSの症状が出たのだと思います。


十何個とか20個とか採れたらどうなっちゃうんだろう。
誘発周期はやっぱり怖いなぁ・・・(;´・ω・)



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

kodakara

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事