タイプA。


20161115_120257000_iOS.jpg

私はせっかちなのですが、さいきんそのことについてよく考えるようになりました。
不妊治療を開始してから、「待つこと」が多くなって、そのことについては以前書いたことがあります。

待つこと。

きっと、せっかちな私に与えられた試練なんだと思います。
最近も、芸能人の妊娠や出産の報告を耳にすると、若干焦りを感じている自分がいます。
そのほかにも、焦る必要は全くないのに、早く早く~~~って思ってしまう節があります。


育った環境で性格は形成されるので、私の場合、多くは母親の影響を強く受けていると思われます。
幼いころ、よく着替えややることを早くしなさいと言われていた覚えがあります。
すべてを母のせいにするのも気が引けますが、8割方そうなんだと思います。
ただ、環境で形成された性格は、いくらでも修正は可能です。
心がけ次第で変えていくことはできます。


このせっかちな自分をどうにかして変えたいと思い、いろいろ調べた結果、せっかちな人の特徴をかき出したサイトにたどり着きました。

特徴としては、
・何かに遅れることが苦痛
・やらなければいけないことのTo Doリストで生きている
・割り当てられた仕事は、どれもが緊急
・極度に目標志向
・リラックスが苦手
・すぐにストレスがたまる
・神経質な癖がある
・感情的
・いつも何かに思いをめぐらしている
・負けず嫌い

参考

予定した時刻よりも遅れたりするのがとても精神的に辛いし、やらなければならないことがたくさんあるし、仕事を割り振られたらさっさと片づけたいし、リラックスするのがたぶんあまり得意じゃない。
きっとストレスも溜まっているし、神経質なところもある。感情的ではないものの、常になにか考えているし負けず嫌いなところも否定できない。

これをみて、自分がせっかちな人間ということを再認識しました。
客観的に見るとすごく自己中なやなヤツに思えてきます(-_-;)


さらに調べてみると、せっかちなひとをひとくくりにして、「タイプA」というそうです。

1950年代、アメリカの心臓内科医フリードマンとローゼンマンは、性格が心臓病・突然死と関係しているとして、人には心臓病を起こしやすい性格「タイプA」とそうでない性格「タイプB」がいることを提唱しました。
引用

ちなみに「タイプB」はのんびりなマイペースな人です。
タイプAの人は、ストレスにさらされることが多く、心臓病にかかりやすいみたいです。
せっかちなのって、いいことがあまりありません。

私自身も焦ってもどうしようもない状況で焦ってしまうことがあったり、不妊治療をしていて結果を求めてしまうことがあったり、、実際にはこのとき心理的にどうなっているんだろうと考えました。

・意識がそこにだけに集中している
・主観的な視点でしかない
・周りの人の立場に立って物事を考える余裕がない

こんなところでしょうか。
焦りが生じてきたときは、一歩下がって周りを見渡すことが大事なんですね。。
周りの人の立場で考えて、じっくりと結論を出すように心がけたいです。
普段の行動でも、ゆっくり楽しみながら過ごしたいと思います。


生きることが許されている時間は限られているのなら、ストレスに使いたくないなと素直に思いました。
楽しみを作って、できるだけ幸せだと感じる時間を意識的に作りたいです。

※参考:プレジデント

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事