子宮鏡検査。


20160922_053615000_iOS.jpg

不妊治療おやすみ周期ですが、子宮鏡検査をしてきました。


私の行っている病院での子宮鏡検査は、実際にその日に病院に行ってから検査の時間がわかるので、
一日フリーにしておく必要があるのです。


朝8時から絶飲食。

朝9時。
内診をしてもらいつつ、子宮の入り口を広げるモノを入れます。
(海藻のようなもので、増えるわかめみたいな要領で周りの水分を吸収しながら大きくなるみたいです。
 実際はわかめみたいな形状ではなく、棒らしいです。見ていないのでよくわかりませんが…(´_ゝ`))


検査は10時からやることに!!(早い!)
一度お会計を済ませて、下の薬局で抗生剤を処方してもらい、すぐに服用。


また病院に行って、検査室まで通されました。
トイレに行って帰ってくるとすぐに呼ばれたので、急いで下着を取って出ました(;^ω^)


手術室に入ると、先生がすでにスタンバっていて、急いでベッドに準備。
脈を測る機械と血圧計をつけられました。


器具が子宮の入り口のところにセットされて、
(なんだかすごく痛い。)
カメラが入っていきました。


横にあるモニターで、カメラの映像を確認できます。
子宮の中を見たのは初めて!
ツルツルしていました。
卵管との接続部分も見ました。
本当に卵管あるんだ…って思いました(;´∀`)
何度も何度も本や雑誌で見ていても、どこか他人事のような感じがしていました。
でも実際にカメラで見ると、自分の身体も本当にあの絵で見たような形状をしているんだ…と、不思議な気持ちになります。


先生も、特に異常はありません、とてもきれいですね、とおっしゃいました。

映像で確認した後、洗浄をしました。
どういうやりかたで洗浄をしたかはわかりません。。


検査が終わった後、若干の腹痛と、うすーーーい血がしばらく出ていました。


検査の結果は良好。
着床しなかったのはなんでなんだろう…。
もやもやします。

夜、いろいろ調べたり考えたりしました。

前回2回の移植では、着床の窓が閉じてしまっていたのかも??
そんな気がしてきました。


初期胚移植を考えてみるのもアリかもしれません。
2段階移植とか。


いずれにしても、新鮮胚移植をしたいなぁと思っています。
そのためには自然周期でないとできません。
(誘発周期だとOHSSになる可能性が高いため)


残された時間はあと4ヶ月ほど。
そのことを考えると、時間を有効に使うためには、誘発周期でまずはどっさりたまごを摂って、毎月移植をするって方法が効率的な気がします。
でも効率が結果に影響することもないわけで。


何を選択するか…。
主人と話し合って、後悔しない方法を選びたいと思います。。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

kodakara

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事