ファスティング。


20151012_100052000_iOS.jpg

11月半ばで不妊治療の第2クールが終わりました。
薬を飲み終えて4日で生理がきました。


不妊治療をしていると、薬をたくさん服用しなければいけないし、注射もたくさん打ちます。
身体に食べ物以外のものがたくさん入ってきています。
ホルモンを補充していることもあってか、身体がむくみやすくなって、余分な脂肪とかたくさんのものが体に蓄えられている感覚がありました。


もし妊娠したら、たくさん食事を摂らなければならないと思って、
上手くいかなかった今回の周期で、一度ファスティングをしました。


ファスティング=断食 ということで、辛い感じがしますが、
私が行ったものは、食事の代わりに甘酒+豆乳を摂るというものです。


甘酒は、飲む点滴とも言われており、身体に必要な栄養が十分に含まれている飲み物です。
本当は酵素ドリンクがいちばん適しているそうですが、手軽にできる甘酒でやってみました。
豆乳を加えた理由としては、タンパク質を補うためです。
タンパク質が不足すると、筋肉量が減り、代謝も落ちるので、一定のタンパク質の摂取が必要なのです。


実際、甘味もあるしおなかにたまるので全然辛くありませんでした。
温めて飲んでいたので、体もポカポカしていました。


それから注意点としては、水分をしっかりととること!
水、麦茶、ノンカフェインドリンクをたくさん飲みました。
ノンカフェインドリンクは、ルイボスティー、ハーブティーを取り入れました。
黒豆茶も良かったのですが、飲むと必ず黒豆のだしがらを最後に食べてしまうので、今回はパス。


結果、、むくんで1Kg増えた体重は元通りになりました。
ポッコリお腹がなくなって、身体が軽くなりました。


身体をリセットしたいときにはとってもいいと思いました。


<<甘酒ファスティングのまとめ>>
―ファスティング前日―
・ファスティング前の食事は8分目。

―ファスティング当日―
・甘酒は原料に酒粕(アルコール)・砂糖が入っていないものを使う。
 米麹、米のみのもの。
・水分をしっかりと摂取する。
・身体を動かす。
 ウォーキング、ヨガなど。
・テレビを見ると食べたくなるので見ない。
 (必ずと言っていいほどおいしそうな食べ物が出てくる!)

―ファスティング翌日―
・朝食はファスティング日と同様甘酒にしておく。
・お昼はおかゆ。
・夜は消化のよいものを腹八分目までにしておく。



1日でもよさそうですが、私は2日間ファスティングをしました。
主人にばれると「ちゃんと食え!!」と怒られそうなので、ばれない日を選んでこっそりファスティングしました(;´∀`)
でも体にはとってもいいと思います。
肌もくすみがなくなった気がします。

今周期は休ませ期間で子宮内視鏡検査を控えているので、自由です。
あと一回ファスティングできそうなので、ファスティングして体をしっかりメンテナンスして採卵に挑もうと思います!!



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

kodakara

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444380519

この記事へのトラックバック

人気記事