採卵までのこと~2回目~。


20150919_050842092_iOS.jpg

前回移植周期が終わってすぐに採卵周期に入り、
2回目の採卵を行いました。
また前回同様、記録をしておこうと思います。


D1:36.93
D2:36.78
D3:36.97、クロミッドを朝晩1錠ずつ飲み始める。
D4:36.95、クロミッド2日目。フォリルモンP注射150(腕に筋肉注射)
D5:37.24、クロミッド3日目。
D6:36.87、クロミッド4日目。
D7:36.77、クロミッド5日目。
D8:36.73
D9:36.53、診察、内診。
     大きさが足りないため、フォリルモンP注射150を追加。
D10:36.82
D11:36.57
D12:36.72
D13:36.42、診察、内診。
     まだまだ育ちが足りないので、D9同様フォリルモンP注射150。
D14:36.57
D15:36.61
D16:36.39、夜中24:50にHCG注射を打ちに病院へ。
D17:36.57、排卵を抑える坐薬を17:00、24:00に入れる。
     前日同様、膣錠を寝る直前に入れる。
D18:36.57、採卵日。
     排卵を抑える坐薬を8:00に入れる。
D19:36.63、受精卵の結果を聞く。


ちょうどD1から頭のあたりで風邪をひいたので、始めの方は若干体温が高めです。
ホルモンの状態が悪いのかどうなのかがよくわかりません。


前回の採卵はD14で行っていたので、今回は前回よりも長くたまごの育ちに時間がかかっていたようです。
2回目の採卵だから卵巣が疲れているのかな?
気温が下がってきたから血液循環が良くなくて時間がかかったのかな?
はっきりと原因はわかりませんが、結果はこんな感じでした。


今回は採卵の説明をしてくれた培養士さん(?)が、とっても親切な方で、前回の実績を踏まえて今回の採卵・移植のことを話してくれました。


【受精しなかったたまごについて】

なぜ受精しなかったのか?ということについては、2つ理由が考えられるそうです。
ひとつは、精子が入り込めなかったパターン。
もう一つは精子が入り込んだけど受精できなかったパターン。
これらの原因のひとつに、未成熟卵だった可能性があげられるそう。
顕微授精の場合は、受精させるときにたまごのまわりについている細胞を全て外すのですが、従来法の場合は細胞をとらないで行うので、たまごがしっかり成熟しているのか未熟なのかがよくわからないそうなのです。
私の場合、2つが受精しなかったので、きっと未成熟卵だったのかなーと思います。

あとは、精子が二つ入ってしまったたまご。
これは、精子が1つ入ったときにバリアを張る力が弱かった可能性が挙げられるそう。

結果4つ採卵できて1つしか胚盤胞まで達成できませんでしたが、他の例に比べて受精率は低いようです。
こういった実績があるので、今回ももう一度同じようにやってみて、同様に受精率がよくなければ、顕微授精を考えるのも一つの手でしょう、とアドバイスをいただきました。



【移植について】

前回同様、全凍結しようと考えていたのですが、培養士さんから新鮮胚移植も考えてみるのもいいですよ、と言われました。
今回の内膜の厚さは移植2日前で11mmといい状態のようで、採卵前に採血したホルモン値に問題がなければ、新鮮胚移植のほうが卵にダメージが与えられずに移植できると考えられます。
ただ、この案は全然考えていなかったため、先生にもとくに相談していませんでした。
前回はOHSSの可能性が高かったので、先生からは凍結を勧められていました。
採卵当日、排卵していないかどうかを確認すると同時に、内膜の厚さも見てもらうと、14㎜!!増えてる!
ホルモン値にも問題なし。
…ということで、センター長からも新鮮胚移植のGOサインをいただきました。
今回は初めての新鮮胚盤胞移植に挑みます!!



【採卵について】

今回の採卵日は、主人が仕事だったので採精は仕事に行く前にお願いしていました。。
採ると結構身体が重だるいようですね…。本当に申し訳ない。。そして感謝です(>_<)
一人で採卵に出掛けました。麻酔するので車の運転はできないので今回は電車で向かいました。
採った精子くんが入った容器をタオルに包んで出かけました。

卵胞は左右両方とも3~4つずつあります、と言われていました。
なので7、8個くらいとれるのかな(*´ω`)と思って、誘発周期の採卵の代金を準備していきました。
(私の通っているクリニックでは、自然周期でも6個以上取れた場合は誘発周期の代金になるのです。)
結果、採卵できたたまごの数は…3つ!!

少な~~~っ(´_ゝ`)

前回も15~6個卵胞が見えていたのに4つしか取れなかったので、そんなもんなのかもしれませんね。。
今回は見えていた卵胞は20㎜くらいのわりと大き目の卵胞だったので、未成熟で針を刺さなかったものはなかったそうです。一番大きいもので30㎜!
見えていたものはすべて針を刺して卵胞液を採取したけれども、空砲があったようです。
しかしながら自然周期で3つ採れたのはまずまずの結果だったかなと思います。
前回に比べて、卵胞の成長のサイズにばらつきがあまりなく、同時におなかの張りが感じられていたので、前回よりも成熟卵が多いような気がしていました。
排卵しないか不安なくらいでした。
何はともあれ、無事採卵できてよかったです( *´艸`)

帰りは麻酔が若干残っていてフワフワした感じが残るまま帰りました。
今回はたくさん針を刺したせいか痛みが強かったです。



【受精卵の経過報告】

主人がお休みだったので、四条にお買い物に出かけていました。
14時に電話するよう伝えられていたので、カフェに入り、電話をかけることに。
前回が10時だったので若干遅いですね。採卵時間は1時間ほどしかずれはなかったんですけどね。
前回は私一人で電話をしたのですが、今回はこの場に主人もいるので、一緒にドキドキを共有していました(´艸`*)
ドキドキしながら電話。。
培養室につないでもらい、結果を聞きました。
3つ採れたたまごの受精の結果は…
なんと3つとも受精が確認されているとのこと!
前回は4つ中1つしか受精が確認できていないことに加え、その一つも核が1つしか見えないので確実に受精ができたとはいえないと言われていました。

ほっとしました(;´∀`)

なんとかたまごさんたちは無事に成長してくれているみたいです。
今回はお腹の張りから、ちゃんと成熟した卵が採れたような感じだったので、無事に受精したのでやっぱりそうだったのかなーという気がしています。
このままいけば採卵後5日目で移植です。
移植予定日の朝にまた電話をして、いくつ胚盤胞に育ったのかを確認します。
胚盤胞まで行く確立っていうのは30~40%らしいので、1つ胚盤胞までいけばいいかな~と思っています。
3つとも胚盤胞まで育ってほしいなんて言わないので、せめて1つは欲しいところです。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

kodakara

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事