不妊治療費用1回目。


20160901_043242000_iOS.jpg

10月頭に判定が出て、不妊治療の一回目が終了しました。
結果は陰性でしたが、全体の流れをつかんだり、体への影響をみることができました。


実際にどれくらいかかったのかをまとめてみたいと思います。


刺激方法:低刺激周期
移植方法:ホルモン補充周期
採卵周期:29日
移植周期:41日
採卵周期開始~判定日までの日数:2ヶ月と2週


◆採卵周期◆
通院回数 … 9回

内診   :¥5,644
注射   :¥2,798 (内訳…フォルリモンP注射)
薬    :¥3,370 (内訳…クロミッド、抗生剤)
採卵前検査:¥19,947
採卵   :¥87,680
胚凍結  :¥10,800
凍結保管料:¥13,500

合計   :¥143,739
============================================================
採卵周期はたまごをクロミッドで育てました。
途中フォルリモンP注射を2回打ち、刺激を促しました。
採卵前はホルモン値、HCV抗体検査などをしました。
============================================================


◆移植周期◆
通院回数 … 5回

内診   :¥10,917
注射   :¥252   (内訳…プロゲストンデポー注射)
薬    :¥16,480 (内訳…エストラーナ、ルトラール、プロゲステロン坐薬)
血液検査 :¥7,850
胚移植  :¥54,000
胚盤胞培養:¥32,400
凍結融解 :¥32,400
AHA    :¥21,600

合計   :¥178,105
============================================================
たまごが育つのが遅いことが分かっていたため、ホルモン補充にて移植することにしました。
移植周期は身体への負担は採卵周期よりもはるかに少ないのですが、意外と移植の方が費用がかかりました。
ホルモン補充は、採卵の時に薬を服用していた時よりも体への影響は大きかったように思います。
それだけ妊娠するのに必要なホルモンが体に及ぼす影響が大きいということがわかりました。
============================================================


採卵~移植までにかかった総額 … ¥321,844


結構かかりますね(;´∀`)
市の補助金が出るので、今書類を病院に申請中です。
いつ、いくら戻ってくるのかも気になりますね。。

前回の採卵~移植~判定までの記録は以下をご覧ください♪

⇒⇒⇒採卵までの記録
⇒⇒⇒採卵以降の記録
⇒⇒⇒胚盤胞移植までの記録
⇒⇒⇒移植後の記録と結果


また採卵から開始で真っ只中です。。
今回はたまごが育つのに前回よりも時間がかかっている模様です…。
無事採卵できることを祈るばかりです。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

kodakara

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事