胚盤胞移植までの記録。


無事移植してきたので記録に残しておこうと思います。

先月採卵をして、OHSSを避けるべく新鮮胚移植を避けました。
体調を整えてから移植をすることになりました。
取れたたまごは4つでした。
そのうち1つは2つ精子くんが入り込みアウト。
2つは受精確認できずアウト。
残った1つだけが順調に胚盤胞まで育ってくれました。
胚盤胞まで育つたまごは3割~5割と低い確率。
ちゃんと育ってくれたことに感謝です(*´ω`)がんばったね


採卵の記録、それ以後の記録は以下をご覧ください。

<<採卵までの記録>>
<<採卵以降の記録>>

20160320_023853000_iOS.jpg


D01:36.87
D02:36.72
D03:36.67
D04:36.56
D05:36.72
D06:36.81
D07:36.53
D08:36.57
D09:36.71
D10:36.64
D11:36.55
D12:36.68 エストラーナ
 診察。
 本当は10日目くらいで来てくださいね~って言われてたけど、
 どうしても仕事のスケジュールが合わなかったのと、
 いつもの先生に診てもらいたかったので結局この日になりました。
 内膜は6.2mm。うーーー薄いぞー。
 エストラーナシールが始まりました。
D13:36.72
D14:36.58 エストラーナ
D15:36.38
D16:36.61 エストラーナ
D17:36.58
D18:36.34 エストラーナ
D19:36.80
D20:36.87 エストラーナ
 診察。
 内膜の厚みをチェックしました。このとき8.9mm。
 もうちょい欲しかったな~と思いつつ、先生から移植OKが出たのでほっとしました。
 血液検査。ホルモン値が良くなければ3日以内に電話があるとのこと。
 ルトラールとプロゲステロン坐薬が処方され、翌日から開始!
D21:36.46 朝晩[ルトラール、プロゲステロン坐薬]
D22:36.79 朝晩[ルトラール、プロゲステロン坐薬]、エストラーナ
D23:36.72 朝晩[ルトラール、プロゲステロン坐薬]
D24:36.69 朝晩[ルトラール、プロゲステロン坐薬]、エストラーナ
D25:36.82 朝晩[ルトラール、プロゲステロン坐薬]
 胚盤胞移植。

************************************************************************************
使った薬などについて簡単にまとめます。

◆エストラーナ◆
卵胞ホルモンを補うシール。
下腹部か臀部に貼って、2日に一度張り替えます。
更年期障害にも使われている薬だそう。
貼ったところがかゆくなるのが悩みどころなんですが、これはどうしようもないみたいです。
あと、張り替えをしない日はお風呂に貼ったまま入るので、剥がれるのがいちばん大変です。
私もいろんなブログを参考にさせてもらって、防水テープみたいなものをドラッグストアで購入して使っていました。
これがないとエストラーナはほんと無理!ってほど、助けられました!
2日目のお風呂はなにも張らないで入りましたが、すぐ剥がれました。
ばんそうこうでとめておきましたが、翌日すぐに防水テープを買いに行きました!



こんなやつです。私はドラッグストアで600円ほどで購入しました。


◆ルトラール◆
排卵後の状態を作るためのもので、黄体ホルモンを補充するお薬。
飲み薬で1日2回、朝晩服用します。
副作用で吐き気やむくみ、頭痛などが起こることがあるようです。


◆プロゲステロン坐薬◆
ルトラールと同様、排卵後の状態を作り出すためのお薬。
お尻にぶち込みます(*_*)
坐薬嫌いなんですけど、頑張って10回続けました。。
夜は問題ないのですが、朝が厳しいです。
入れたら1時間は大の排便を控える必要があるので、必ず排便後に入れます。


ルトラールとプロゲステロン坐薬を投与し始めてから、体重が若干増加しました。
胸が大きくなったり、眠気があったり、排卵後のような変化を感じました。
こんなにちゃんと身体に変化があるなんて、薬ってすごいな~と思いました|д゚)


************************************************************************************
◆移植の日◆
移植は午後からで、家を出る前に融解の確認の電話をしました。
培養士さんに繋いでもらい、確認すると、
「無事、胚盤胞溶けてきていますので、予定通りに来てください」
とのこと(^ ^)ホッとしました。
ひとつ壁を越えることができました。


移植も採卵の階で、同じ部屋でした。
部屋に入ると看護師さんが胚盤胞の写真を見せてくれました。
おぉ〜!ほんとに胚盤胞まで育ってる!(^o^)嬉しかったな


採卵とは違い、移植は麻酔をしないので着替えもせず、ショーツだけとりました。
しばらく待っていると、いきなり呼ばれ、採卵の時と同じ手術したみたいなお部屋へ。
ベッドに寝て足がかけられ、しばらくするとカテーテル入りました。
エコーの時の感じよりもより奥まで入ってるみたいで、
うおぉぉぉおーーーって叫びたかったけど、心の中におさえてました。
それくらい痛かった(-_-)


あっというまに胚盤胞さんはお腹に戻ってきました。


不妊治療している人はだいたいそうだと思うけど、検索魔になっていろいろ調べました。
「胚盤胞は移植後24時間以内に着床を開始する」とか、
「2、3日かかる」とか「4~5日かかる」とか、いろんな説があってようわからん。


しかしこの日の夜、おなかがチクチクしてて結構痛かった。。
もしや…??と思ってしまう。


とりあえずあまりいろいろ考えずに今まで通りの生活しとこう。


移植前にルトラールとプロゲステロン坐薬、エストラーナシールが処方されていましたが、移植後も続きます…(@_@;)
終わりだと思ったのに!
シールかぶれてどこに貼ればいいのかわからない!
しかもルトラールは朝晩1錠から2錠に増えてる!
薬嫌いだけどおなかの胚盤胞のために頑張ろう(>_<)


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

kodakara

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442085901

この記事へのトラックバック

人気記事