未来について。


#鴨川デルタ で
#四つ葉のクローバー あつめ(^ ^)!
4こみつけた!


久々の更新になってしまいました。


いろいろあって、ようやく気持ちが落ち着きましたので、書こうかと思います。


「いろいろ」といっても、不妊の検査のことです。


先日書いた通り、不妊の検査に行ってきました。


途中までの血液検査は問題なし、主人の子分たちも優秀、という診断でした。


行ったその日にちょうどタイミング法の指導があり、結果、その14日後に女の子の日が来ました。
…ということで、今回はうまくいかなかった、ということになります。


落ち着く間もなく、月経開始後の血液検査をすることになり、3日目に再度病院へ向かい、血を抜かれました。


さらに、月経終了後、卵管造影検査を受けるため、またまた病院へ。
卵管造影検査というのは、卵管につまりがないか、子宮の形が正常であるかをチェックするもので、造影剤を子宮にいれることによって、卵管が広がるため、そのあとの妊娠が成立しやすくなるというメリットもあります。

ただし、この造影剤を入れるのが、ものすごく痛いそうなのです……。
ネットで調べていたら、生理痛のような重い痛みがある、という声が多数ありました。
みていると怖くなって、ドキドキしながら病院へ向かいました…。


しかし!!


結論から言いますと…
今回卵管造影検査はしませんでした。


なぜかといいますと、、、
前に受けた血液検査の結果が出ていたから。


ベッドで卵管造影検査の準備をしていて、ドキドキしながら先生を待っていたら、
やってきた先生にその事実を告げられました。


それは、抗精子抗体の血液検査です。
この検査で、私の血液からは抗精子抗体が陽性反応を示し、さらにその強さは「強陽性」ということでした。


抗精子抗体とは、精子を異物と判断し、精子を攻撃して、精子同士をくっつけてしまったり、精子の運動をとめてしまったりして、卵子と出会うことを阻止してしまう抗体です。

細かく分けると、精子同士をくっつけて大きな塊を作り、精子の子宮内の侵入を防いでしまう「抗精子凝集抗体」と、精子自体の動きを止めてしまう「抗精子不動化抗体」というものがあります。
今回検査したのは、後者でした。

これは、男性にも女性にも存在する可能性のある抗体です。
女性に存在する場合、子宮や膣の傷口から血液中に精子が入り込んだ際に、異物と判断されて、抗体ができるのではないかと考えられています。

原因不明の不妊の女性約13%にこの抗体があると言われており、また、不妊の女性を母体にすると3%が該当するそうです。
あまり多くはないのかもしれません。


これがあると、妊娠の成立の可能性が著しく低下します。
数値は、SIV値を測り、2以上だと陽性、10以上になると、強陽性となります。


抗精子抗体がある女性は、不妊治療の適応とされます。
数値があまり高くない場合は、人工授精も考える余地はありますが、強陽性の場合は体外受精を強く勧められます。いくら人工授精やタイミング法をしても、抗精子抗体のパワーが強すぎて、精子が卵子に到達できないからです。


卵管造影検査に行ったのに、いきなり体外受精の方向に進みました……。
これを聞いたときはさすがにショックで、頭真っ白でした。


自然に子供をもうけることができないのか~~(´・_・`)
現実はかなり厳しいんだなぁという実感。。


体外受精だなんて。。
怖い。
まだ20代なのに。


先生にPCOSのことを話したら、今は血液検査でもまったく見られませんと言われました。
砂糖断ちが効いているのか。それは良かったなぁと思います。
妊娠については、一筋縄ではいかないことはわかっていたけれど、不妊治療の中でも高度な治療を受けることになるとは。


いろんな考えがぐるぐる、ぐるぐる。


主人にすぐラインでメッセージを送って、その夜先生からの話を伝えました。


翌日、タイミングよく体外受精の説明会があるということで、出席してきました。
京都でもかなり不妊治療の実績のある有名な病院ということもあり、月に2回行われる説明会では、たくさんの不妊に悩むご夫婦が出席していました。
おそらく4~50組くらいいたと思います。
でも、やっぱり30代くらいの人が多かったかもしれないです。


体外受精こわい。
微量のホルモン剤ですら副作用がひどいのにどうなることやら。


でも、不妊の原因がわかっただけでもよかったかな~と思います。
原因不明だと手の施しようがないですから。


説明を聞いて、主人といろいろと話し合って、やっぱりベイビーほしいということになって、体外受精をやる方向で話を進めています。


次に病院に行ったときに、スケジュールが決まるかと思われます。。
どきどき。


いよいよ体外受精するとなると、いろいろ考えることが出てきまして。
いまの仕事をどうするかとか、
主人の転勤がだいたい1年後ぐらいにある予定で、逆算するともしうまくいったら出産の月ではないか、、とか、
主人の両親に話すべきかとか、、
お金の面とかもろもろ。


頭がパンクしそうで、そのことばかりを考えていました。


しかしながら早い方がいいわけで。
早速、子孫繁栄大作戦を決行しようということになりました。


注射とかホント怖いよ~~~。
副作用も絶対でるはず。
採卵も怖い。
体外受精が成功するまでは、身体ズタボロだなぁ。。

仕事続けられんなぁ~。


でも、、気持ちはポジティブにしておこうと思います。。
実験をやるような気持ちで臨みたいと思います。


葉酸サプリ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事