結婚式を挙げるのは大切なこと。


#kyoto #きょうと #京都 
#二条城 きました。
豪華な御殿!お庭もきれい( ´ ▽ ` )ノ
こんな家に住みたい


最近、主人とはbabyの話を良くします。


検査に行ってみたり、実際にタイミング法で進めてみたりしていくなかで、
いろんな話をしています。


今後もし全然できなかったとして、どれくらいの治療まですすめるか、とか、
先天異常怖いねとか、どうしたらできやすくなるか?など。


いろいろ大切なことを話し合いをしていて思うのは、
この話合いのスタンスは、結婚準備のころから変わっていないな~ってこと。


結婚準備をし始めたのは、2年前の夏。
主人にプロポーズをしてもらってからです。


それまでもふんわりと話してはいたのですが、具体的に話合いをするようになったのはそれくらい。


結婚するって決めたら、
親に挨拶に行かないと、、
顔合わせの場を作らないと、、
入籍はいつにする?
家きめないと!
結婚式挙げる??
とか、、いろいろ。。


いちばん大変だったのは、やっぱり結婚式の準備です。


高額な金額を支払うということや
大切な友人や家族を呼ぶということもあって、
日取りや料理、プログラムを一つひとつ決めるのに神経を使いました。


今まで主人と過ごしてきた中で一番、大切なことを決めたという感じがします。


それから2年ほどたって振り返ってみると、
結婚してからもいろいろと大切なことを決めてきました。


主人が転勤になった。私は仕事をどうするか?
新しい家をどこに決めるか?
そして今、子供どうする??


などなど。。


この先も、車の買い替えの検討だったり、
次の転勤時の住居だったり、
子供を出産するにあたって里帰りするか否かなど。。


大切なことを決める時には、
結婚式の準備と同じように二人で時間をとってじっくりと話し合って決めるようにしています。


お互いがお互いのことを思いやり、
どう考えているかという意見を聞く。
相手に聞くならば自分も意見を持っていないといけない。
だからいろいろと事前に調べておく。


プライベートといえども、大切なことを決める時には、しっかりと考えています。


それは、一番大切なことを決めた経験がもととなっているような気がします。


これは私たち夫婦のやり方であって、
他のご夫婦は違うかもしれません。


でも、改めて思うのは、結婚式やってよかったな~ってことです。
披露宴も含めて、とっても楽しかったし、
生活の基盤を設計する作業でもありました。


今後も大切なことは二人でじっくり話し合って決めていきたいなと思う限りです。


タキシードレンタル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438944385

この記事へのトラックバック

人気記事